那須赤十字病院として生まれ変わった大田原赤十字病院と眼科医療


大田原赤十字病院は那須赤十字病院としてリニューアルスタートを切ったわけですが
眼科では長らく常勤医不在だったため、地域の中核病院にもかかわらず
先進医療の提供がなされてきませんでした。

しかし、平成25年より待望の常勤医体制がスタートしまし、
翌26年からは手術も行われるようになって、
徐々に基幹病院の眼科らしい形になってきています。

近年高齢化に伴い患者が急増している加齢黄斑変性症や
糖尿病網膜症といった病気に対する先端治療も行われるようになりました。

特に加齢黄斑変性症では、最新の治療法である抗VEGF療法が執り行われるようになり、
地域の高齢患者のニーズにこたえてくれるようになりました。

しかし、失明原因第1位である緑内障に対しては、
いまだ中核病院としての役割を果たせていないのではないかと思います。

緑内障とは徐々に視野が欠けて視界が狭くなっていく病気です。
放置しておけば失明に至るため、治療が欠かせません。

初期のうちは点眼薬などの投薬治療で対応できますが、
症状の進行具合によってはレーザー治療や手術などが必要になってきます。
(参考サイト:http://tarchan.com/

このような治療は町の小さな眼科クリニックではなかなかできません。

地域の中核病院で対応できるようになってくれると、
住民としてはわざわざ市外・県外へ赴く必要もなく、負担が大きく減ります。

また、診断や治療のための検査機器も
全ての眼科クリニックに備わっているわけではありません。

地域の拠点病院にこそ、備えておいて欲しいと思います。

もちろん、そうした最新の機器を操作出来る医師が必要であることは
言うまでもありません。

現在の眼科は常勤医体制が稼働しているとはいえ、
常勤医1名、非常勤1名と最低限の人員でしかありません。

たとえスーパードクターであっても、
あらゆる眼科領域をカバーするには限界があります。

ぜひ、緑内障専門医のドクターに赴任していただきたいです。

緑内障患者は40代以上の5%いるといわれています。
中高年20人に1人の割合です。
これは患者がとても多い病気といえるのではないでしょうか?

しかし緑内障は自覚症状がほとんどないことでも有名です。
ですから緑内障を患っていたとしても、
気づいていないことがほとんどいえます。
ようやく異変に気づき、
受診した時にはもうかなり進行しているといった事態が少なくありません。

それを防ぐには、受診の機会を多くすることだといわれています。

ある程度の年齢になったら定期的に検査をして、
早期発見に努めれば、視野の欠損も軽くて済みます。

その肝心の検査体制が整っていなければ、
緑内障の進行を手をこまねいてみていることになります。

せっかく常勤医体制がスタートしたのですから、
地域住民の声をもっともっと吸い上げて、
よりよい医療提供者として役割を果たしてくれる、
そんな病院になることを願っています。

病院にはまだ行きたくない人に葉酸がおすすめ


一般的に2年間以上妊娠しないことを不妊と定義し、
産婦人科の受診を推奨しています。
ただ、女性が高齢の場合は、1年くらいで受診を勧める医師もいます。

もしかして自分は不妊症かもしれないと思っている人も、
なかなかハードルが高いのが産婦人科ですよね。
受診しなければいけないと思っていても、先延ばしにしている人も多いのでは。

不妊症が気になりつつも、何もしないわけにもいかず、
なんとなくいろいろ試している人も多いようです。
たとえば、体を温める温活をしてみたり、
食生活を改善して適正体重を維持したり、
ストレスを軽減する生活をしたりなどです。
どれも妊娠に直接関わるものではありませんが、
がんばって努力することで気持ちが前向きになれるものです。

そんな自己流で不妊の改善を努力している人に、
ぜひ葉酸を摂取してほしいのです。
葉酸って妊娠初期に必要なものでしょ?と疑問に思う人もいますよね。
たしかに、葉酸は妊娠初期に摂取することで、
胎児に障害が発生するリスクを低減できる大事な栄養素です。
しかし、葉酸は妊娠初期だけに必要なものではありません。

葉酸は細胞が分裂する際に使われます。
葉酸が細胞の正常なコピーを促すのです。
私たちの体は日々細胞分裂を繰り返しています。
細胞分裂のトラブルはガンをはじめとする病気の原因でもあります。
細胞はたとえ分裂に失敗しても修復されますが、
その修復が追いつかないこともあります。
その不完全な細胞がガン化するのです。

つまり、細胞分裂を正常化させるために世代を問わず葉酸摂取が大事なのです。

葉酸は女性の場合、月経サイクルを整えたり、排卵を正常化させたり、
子宮内膜を妊娠しやすい状態に近づけてくれたりと、
女性の体をトータルでサポートしてくれます。
葉酸を摂れば妊娠できるのかというと、断言はできませんが、
妊娠しやすい体に近づけてくれることは確かです。

注意したいのは、葉酸をいくら摂取しても効果がないからといって、
諦めないことです。
葉酸は妊娠を底上げしてくれますが、
もっと決定的な不妊の原因がある場合は、それを改善しないと妊娠できません。
そのような場合は、やはり産婦人科を受診することをおすすめします。

太田原赤十字病院の診療科一覧


総合病院、大田原赤十字病院には実に様々な診療科があります。

まず内科には循環器内科、呼吸器内科、神経内科、消化器内科、糖尿病・内分泌内科、血液内科、リウマチ科があります。多くのスタッフがそれぞれの専門分野で最適な医療を展開しています。

小児科では患者の立場や意見を尊重しています。外来、入院、予防接種や乳児健診も行います。外科の幅広い診療も大田原赤十字病院の特徴です。

通常の外来に加え、救命救急センターを通して来院する2次、3次救急の患者まで対応し、様々な疾患に対するフレキシブルな治療が可能です。年間約700を手がける手術や、化学療法、内視鏡などで患者の期待に応えています。

脳神経外科では、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍を中心に、インフォームドコンセントを基本とした脳神経外科全般の診療を行います。救命救急センターを併設しており24時間体制で手術、集中治療に対応しています。

呼吸器外科の外来日は火曜の午後、木曜の午前午後、第2週を除く金曜の午前、金曜の午後です。諸事情で呼吸器外科としての入院、手術治療は一時控えているようです。

整形外科では外傷や上肢疾患、下肢外科、脊椎疾患、腫瘍の他、整形外科関連漢方医学も担当しています。泌尿器科は排尿困難、頻尿から、癌まで幅広く対応しています。

産婦人科の産科では、毎年300から400の分娩を取り扱っており、小児科との連携を密にとれる点が大田原赤十字病院の強みです。婦人科では子宮筋腫や悪性腫瘍の治療や緩和治療も行います。思春期や更年期の悩みにも応えています。不妊に対する治療も行っています。

眼科の受付時間はどの曜日も8時から11時で、完全予約制です。形成外科では皮膚の外傷や生まれつきの形態異常、悪性腫瘍のほか、リンパ浮腫、乳房再建にも対応しています。

皮膚科は紹介による完全予約制です。予約して来院ください。耳鼻咽喉科の一般外来は月、火、木、土曜の午前、および水、金曜の午後です。水、木曜の午後は補聴器外来をしているので予約の上利用するのがよいでしょう。

金曜の午後予約外来を行う心臓血管外科では、解離性大動脈瘤を始め、動脈硬化症や閉塞症を担当しています。放射線科では、かかりつけ医からの依頼で、精密検査などが受けられます。

歯科口腔外科では腫瘍やインプラント治療、矯正治療も行っています。大田原赤十字病院から新しく那須赤十字病院へと生まれ変わり、各診療科が連携を取り、地域に根ざした医療を提供しています。

耳鼻咽喉科について


大田原赤十字病院は、地域の中核病院としての機能を持っています。
耳鼻咽喉科では、入院治療が必要な手術患者、悪性腫瘍患者などの治療を主に行っています。

平成23年度から日本耳鼻咽喉科学会研修指定病院にも認定を受けています。
平成27年4月から常勤医1人、非常勤医8人体制に変わっています。
大きな手術が必要な場合や悪性腫瘍の方など、大田原赤十字病院では対応が困難な場合は関連病院へ紹介を行ってくれます。

特に、声の質を改善する音声外科手術、頭頚部悪性腫瘍に対する治療が行われており、院内の関連性のある診療科と連携しながらの治療を行っています。

現在では、全身麻酔下手術は、火曜午後と水曜午前を主として行っています。
また、局所麻酔下の手術は月曜午後に行うようにしています。

鼻や扁桃の一般的な手術などを始め、最近は頭頸部腫瘍、声の質を改善する音声外科手術など手術の症例も増加しています。

大田原赤十字病院の耳鼻咽喉科の外来は、基本的に月曜日、火曜日、木曜日、土曜日です。
水曜日は午前に手術が行われるので、午後に紹介状を持参した方や予約のある方のみ診療を行います。

また、火曜日、木曜日、金曜日は、医師は交代制で予約のみを診療すようになっています。
初診に対応しているのは、午前中の診療日ですので、注意をしておいてください。
交代制になっている時間帯では、非常勤の医師が交代で診療を行っています。

そして、水曜日と木曜日の午後に補聴器外来を予約制で開設しているので診療してもらえます。
補聴器業者と医師とがしっかりとした連携を取ってくれた上で、補聴器の調整を行っているので聴こえの悩みがある方にはお勧めです。

大田原赤十字病院では、紹介状を持っている患者や予約患者を優先するシステムになっているので、曜日や混み具合によっては、待ち時間が長くなってしまう場合があることを把握しておく必要があります。

歯科口腔外科について


大田原赤十字病院は様々な科を持つ総合病院です。歯科部門では、歯科口腔外科があります。
歯科口腔外科と言っても口の中の手術ばかり専門でやっているわけではありません。もちろんそれもありますが、扱いは多岐に及びます。診療する病気の症状としては、歯性感染症、摂食嚥下障害、親知らずなどの埋伏歯抜歯、白板症、天疱瘡などの粘膜疾患、嚢胞性疾患、有病者歯科治療、障害者歯科治療、静脈内鎮静の他、インプラント治療や歯科矯正治療などがあります。そして歯の脱臼や顎の骨折など顎顔面外傷に対する治療もします。この際は噛み合わせなどの機能性回復も十分に考慮に入れて治療します。口腔ガンや良性腫瘍に対する外科的アプローチも行います。手術、再建、化学療法、放射線治療などを一貫して行える体制が整っています。ただし、義歯やう蝕などの一般歯科治療は行っていませんので、かかりつけの医療機関に相談してください。
大田原赤十字病院の歯科口腔外科には常勤医師が4名、非常勤医師が5名、歯科衛生士5名に看護師1名のスタッフで連携を取り、上記症状に対する真摯な治療を心がけます。幅広い症状をカバーしながらも、口腔外科疾患、特に口腔ガンについては日本口腔外科学会専門医、指導医や日本がん治療医機構がん治療認定医が対応。歯科矯正治療に関しては日本矯正学会認定医が診療を行い、専門性も高めています。
入院、手術には常時対応しています。全身麻酔を行った上での手術件数は毎年約100症例をこなしており、経験や知識、ノウハウの蓄積は患者にとって安心材料です。
病院の基本理念に基づいた、地域に根ざした心ふれあう医療を目指して、各スタッフが自己研鑽に努めています。患者の立場や要望、意見を尊重するため、カウンセリングを欠かしません。それを聞いた上で、プロとして最適な治療を提案します。治療に対する説明も丁寧で患者を安心させます。
大田原赤十字病院は建物の老朽化などに伴い、平成24年7月に移転し、那須赤十字病院に生まれ変わりました。最新機器や最先端技術に加えて、今まで大田原赤十字病院で培った患者との向き合い方を受け継いで、多くの方の口腔内のトラブルを解決しています。

整形外科について


大田原赤十字病院(現、那須赤十字病院)は栃木県北最大の基幹病院として、地域のニーズに応えられる病院を目指しています。大田原赤十字病院は3次救急センターを有しており、各診療科がありますが、その中の整形外科について紹介します。
1 外傷
地域の特性として開放骨折や手指切断が多く、重症外傷に対応しています。腱損傷や神経血管損傷の修復のため、手外科医が常駐しマイクロサージャリーも施行しています。また、手術加療後の偽関節や骨髄炎、変形治療に対する2次治療も行っています。
2 手外科
手の外傷だけでなく、神経障害・腱鞘炎・手や肘の拘縮や変形・腫瘍など慢性疾患にも対応しています。
3 肩関節外科
肩関節とその周囲を扱います。肩疾患を専門に扱う医師がレントゲンやMRI、超音波検査を用いて肩疾患の早期診断を行います。肩の関節鏡手術や人工関節による治療を行っています。
4 下肢外科
加齢とともに関節が変形する変形性股関節症や変形性膝関節症に対して積極的に手術加療を行います。スポーツ外傷に対して関節鏡手術を行い、早期の社会復帰やスポーツ復帰を可能にしています。
5 脊椎疾患
腰椎や頸椎由来の疾患に対して薬物やブロック治療によって保存療法を行い、それでも効果がなく日常生活に支障があるときは手術を行っています。
6 整形外科関連漢方医学
脊椎疾患や四肢疾患に対して積極的に漢方薬を使用しています。慢性的な疼痛の悪循環がある場合、わずかでも症状が改善することで全体像が好転することがあるため、症状に合わせた処方をしています。
7 腫瘍
アテロームや脂肪腫などの軟部腫瘍、内軟骨腫や類骨骨腫などの良性腫瘍を中心に治療を行います。治療は数日入院しつた全身麻酔を使用して行う場合と、局所麻酔による日帰り治療も行っています。
整形外科と一口で言っても扱う範囲は多岐にわたります。大田原赤十字病院は手や肩の専門医を配置し、より高度で専門的な整形外科の治療を受けることができます。大田原赤十字病院は、地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に、をモットーによりよい医療を提供しています。

脳神経外科について


現在は、那須赤十字病院と名称が変わったのが大田原赤十字病院です。

大田原赤十字病院は、脳神経外科を有しているのですが、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍、小児脳神経外科を主として治療をおこなっています。

こちらの病院では、患者さんとインフォームド・コンセントを基本として、幅広い分野での脳神経外科全般の診療に当たっています。
また、救命救急センターを併設しているので、緊急な状態になった場合でも、24時間いつでも対応が出来る手術や集中治療が受けられます。

もちろん、必要に応じて他の診療科と連携をこまめにとりながら、合併症などのある患者さんにも適切な治療を提供してくれます。

大田原赤十字病院の脳神経外科では、脳動脈瘤破裂によるクモ膜下出血には、早期の手術を基本的に行います。
また、重症のケースや高齢者にも積極的な治療を行うので、治療成績も向上しています。

また、脳ドックで見つかる未破裂の状態の脳動脈瘤に対しては、患者さんと相談をしっかりと行った上で、手術を受けるかどうかを決定します。

高血圧性脳出血の場合は、命の危険、予後を考え、血腫除去術、または、定位的血腫除去術を行ないます。

重症頭部外傷には、手術後に大田原赤十字病院では低体温療法も行える設備を有しているので適切な治療が受けられます。

また、脳腫瘍に対しては、基本的には全摘による根治を目指していますが、神経脱落の症状が出ないように重視した上での治療を進めて行きます。

そして、頭蓋底腫瘍にも、積極的な手術を行います。
悪性脳腫瘍には、手術だけではなく、大田原赤十字病院で可能な放射線治療、化学療法、免疫療法を様々な組み合わせにより総合的な治療を行っています。

このような治療を受けられるですが、大田原赤十字病院では、現在の時点では3人の常勤が診療を行いますが、それ以外でも非常勤の医師の診療も受けられます。
午後の診察時間では、てんかん、血管内治療に特化した診察も受けられるようになっています。

産婦人科について


大田原赤十字病院(現、那須赤十字病院)は栃木県北最大の基幹病院です。地域に根ざし、ともに歩み、心ふれあう病院に、をモットーとしており、地域のニーズに応えることができる病院を目指しています。大田原赤十字病院は3次救急も行っており、各診療科があります。その中の1つである産婦人科について紹介します。

大田原赤十字病院の産婦人科は、近隣の個人医からの紹介も多く、地域の中核病院としての役割を担っています。そのため、夜間・休日も緊急事態に備えて常に十分な人員を確保し診療にあたっています。

1 産科
産科では、年間400~500例の分娩を取り扱っており、希望があれば立会いも可能です。分娩時には、できる限り外来で担当した医師が分娩も担当するように心がけています。リスクの少ない妊婦で希望があれば、助産師外来の受診やバースセンターでの分娩も行っています。出産前後の保健指導や母乳外来も行っており、またトリプルマーカーや羊水検査による出生前診断も可能です。さらに、小児科との連携を密にし周産期センターとして機能しています。

2 婦人科
最新の治療法を含め、医師と相談して幅広い治療法の中から治療を選択することができます。例えば子宮筋腫や子宮内膜症に対しては、薬物療法・開腹手術・膣式手術・腹腔鏡や子宮鏡を使用した負担の少ない手術・マイクロ波子宮内膜アブレーションによる切らない治療法などがあります。悪性腫瘍の治療にも力を入れており、進行状況に合わせた薬物療法や放射線治療、通院での化学療法を行っています。緩和医療も行っており、在宅医療の体制も整えています。思春期や更年期のトラブルにも対応しています。

3 リプロダクション外来
リプロダクション(生殖)外来とは、旧不妊外来のことです。不妊に対しては、まず原因の検索を行い治療法を決定します。原因が分からない場合、より自然に近い治療法から始め、段階的に高度な治療法に移るようにします。専門医による相談・タイミング法・排卵誘発・人工受精・腹腔鏡による癒着剥離術・体外受精胚移植・顕微受精・凍結胚を用いた胚移植など、日本で行えるほぼ全ての治療が可能です。日本不妊カウンセリング学会認定のカウンセラーによる相談も行っています。
このように、大田原赤十字病院の産婦人科では女性のあらゆる悩みに対応し、より高度な医療を提供できるよう体制を整えています。

小児科について


小さいお子様は、大人に比べると免疫力が低いため、発熱をしたり、アレルギー疾患などの病気を発症する場合があります。
普段から信頼できる小児科を見つけておくと、お子様が急病になった時も、迅速な応対なので安心できます。
大田原赤十字病院は、地域に密着した医療を心掛けており、少子、高齢化に伴って、小児科の専門的な知識を持っている経験豊富な医師が在籍をしているので、多くのお子様が診察を受けています。
気温が低下して、空気が乾燥するとインフルエンザや風邪などのウィルスが原因の病気に罹りやすくなります。
咳やのどの腫れ、鼻水、鼻詰まり、発熱、関節痛などが見られる時は、なるべく早めに大田原赤十字病院に足を運んで、診察を受けさせてあげる必要があります。
丁寧な問診や、体温の測定、診察などを行ってから、内服薬を処方してもらったり、必要な場合は注射や点滴をしてもらえるので、辛い症状を緩和する働きがあります。
風邪を放置しておくと、気管支炎や肺炎などの病気に進行する可能性があるので、なるべく早く治療を受ける必要があります。
現代は花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患に罹るお子様が増えています。
子供部屋や寝室はこまめに掃除をしたり、ペットとは別の部屋にすることが大事ですが、体の免疫力が低下すると症状が悪化することが多いです。
大田原赤十字病院では、皮膚に赤みや痒みなどがある場合は、外用薬を処方してくれますし、喘息の症状が出ている時は抗ウィルス薬などの内服薬を処方してくれるので、しばらくの間は根気よく続ける必要があります。
喘息は風邪と間違いやすいですが、昼間は症状が軽く、夜就寝してから、咳が出るのが特徴なので、診断が付けやすくなっています。
幼稚園や保育園などに通学をしているお子様は、ノロウィルスなどの細菌性の胃腸炎に罹るリスクが高まります。
嘔吐した食べ物や便は、感染を防ぐために手袋をして片付けるようにして、早めに大田原赤十字病院で診察を受けましょう。

心臓血管外科について


大田原赤十字病院は、現在では、那須赤十字病院に名称が変更されています。
栃木県北最大の基幹病院として、大田原赤十字病院は、地域住民の様々なニーズに対応が可能な基幹病院を目指しています。

大田原赤十字病院には、心臓血管外科があります。
主として診療が出来る病気は、まず、解離性大動脈瘤の場合、心臓に近い場合は、緊急手術が必要に応じて行われます。
次に、胸部大動脈瘤の場合は、動脈瘤の最大直径が6cm以上か痛みがあれば手術の適応になります。
そして、腹部大動脈瘤の場合には、CT検査を行って動脈瘤の最大直径が5cm以上で手術を勧めるようになります。
さらに、閉塞性動脈硬化症の場合、投薬治療の他には、カテーテルによる治療、バイパス手術かを選んで治療を行います。

その他、急性動脈閉塞症の場合には、24時間以内なら手術で閉塞しているものを取り除いて治療を行います。
深部静脈血栓症は、早期の治療を行うことで腫脹を防ぐことが可能です。
女性に特に多い下肢静脈瘤の診療も多く行っています。
必要に応じて紹介をしてくれます。

このように心臓疾患など、それぞれに適切な手術を行うのが、心臓血管外科の役割です。
そのため、緊急な手術を行うこともありますし、必要に応じてカテーテルを用いた手術やバイパス手術を行います。

大田原赤十字病院の心臓血管外科では、週に一回の診察日になっています。
診察は、金曜日の午後です。
予約外来になっているので、予約外では基本的には診てもらえません。
予約を変更する場合には予め早めの連絡が必要になります。

医学博士、日本外科学会認定医、日本胸部外科学会認定医、身体障害者福祉法診断医、臨床研修指導医養成講習会終了の心臓血管外科の専門医による診察が受けられるので、地域住民の様々な心臓疾患他、下肢静脈瘤を診療しています。

初診の際には、紹介状の他、保険証、高齢者受給者証が必要になります。
再診では、保険証、高齢者受給者証、診察券が必要になります。